減量とリバウンドの縁について

リバウンドは、減量を始める人の多くが経験していることですが、その背景には膠着期があります。膠着期とは、減量先人なら、経験があるほうが多いのではないでしょうか。初めの頃はスムーズに減っていたウェイトが、とある一定の時間を過ぎると急に減らなくなります。こういう時間のことを、一般的に膠着期と呼んでいるのです。膠着期は、太りやすく変わるわけではありません。膠着期は、ナチュラルヒーリングという体の役割が、いのち保存の為にまるごと体重が落ちるのを抑えているのです。ウェイトを切り落としたくてごはんの容量を減らしているのに、体のヒューマンは外部からのごはんの補完が途絶えたことを危機だと思うのです。カラダでなるべく面倒を使わないようにして、生き延びようとナチュラルヒーリングが頑張るのです。そして面倒を極力、需要させないように行なう。そのため、リバウンドが発生しやすくなります。ナチュラルヒーリングの交替が入らないようにするものもあります。例えば、急激に体重を減らすのではなく、ひと月はいくら多くても2間隔ぐらいに体重減少を抑えたり、シェイプアップもあんまり過激には断ち切るということです。リバウンドせずに減量をしたいなら、気をつけたいことがいくつもあります。