住宅ローンの返済を親子二代にわたってするタイプのローン

住宅ローンの返済を親子二代にわたってするタイプのローンが親子ローンです。違いは各金融会社によってありますが、75~80歳までに住宅ローンの返済をすることに決まっているようです。50歳や60歳になってからは長期間の住宅ローンを組むことができません。50歳を過ぎると、フラット35を利用したくても審査の段階で断られます。1人でローンを組むよりも融資条件を満たしやすく、借入金額を多くしたり、返済期間に余裕を持たせることも親子ローンならできるといいます。親子ローンにすれば、60歳以上の人でも、長期の25年~35年のローンを借りることが可能です。このローンが便利なのは、二世帯住宅や、将来は親子で同居したいという人ではないでしょうか。融資を親子で受け、一緒に返済することができるようになるので、金融会社の信用評価もかなり高くなるでしょう。現在同居しているか、将来同居を予定している親と実子または養子が親子ローンを利用することができます。購入する住宅は、親子が共有しているか、またはどちらかかが所有しており、親子や親子の家族が同居する目的である場合に限られます。親子どちらも安定した収入があることや、子が親の連帯債務者になることなどがほかの条件となります。親子ローンは金融会社によっていろいろな条件がつき、親子の双方が団体信用生命保険に加入することなども必要になるようです。