コンサルタントに転職する場合

コンサルタントに転職する場合は、採用面接を受ける必要があります。コンサルタント会社の面接は、答えにくい質問をたくさんされると言われています。職歴や、自己アピールなども質問されますが、その他にも、なぜという点に重点を置いた質問がされます。どんな思考を経てそういう行動をしたのか、別な方法考えなかったのか、何が決め手になったのかなどです。曖昧な答えを言うとかなり厳しく突っ込まれます。何を聞かれても堂々と答えられるようにしておくことで、コンサルタントの面接も評価が高くなります。大抵のは場合、今までの仕事つにいて聞かれることが多いので、自分のしたことを分析しておくといいでしょう。コンサルタントになりたいという人は大勢いますが、かっこよさや収入の多さが志望動機というのはあまりよくありません。自分の積みあげたきたキャリアが、コンサルタントに転職することができあがるというものでもありせん。実際のコンサルタントの仕事は、それほど華やかなものではありません。地道な仕事をしなければならないことは覚悟ししましょう。コンサルタントへの転職ができてからも努力をしなければ乗り切れる仕事ではありません。転職を成功させるために、コンサルタント会社の採用面接では、コンサルタントとして働くことへの心構えをはっきりとアピールすることです。