クレジットカードには様々な返済方法が設定されています

クレジットカードには、様々な返済方法が設定されています。分割払いは、一括で返済をしない時に大抵使われる、クレジットカードの返済方法です。分割払いにすることで、リボルビング払いのような使いやすさからくるカードの使い過ぎを防ごうとする人もいます。月々の返済金額や回数は、原則的にクレジットカードを使う時ごとに決まります。何回もクレジットカードで買い物をしていると、翌月の返済が苦しくなることは目に見えています。結果として返済が厳しくなり自然にクレジットカードの利用をやめることになります。リボルビング払いで返済をすると、月々の返済金額が一定額以上にならないので、つい軽い気持ちでカードを使ってしまいます。一括で返済た場合と、時間をかけて返済をした場合とでは、時間をかけて返済したものの方が返済総額が高くなります。分割払いでは、アドオン方式という計算方法で、手数料を決めることが多いといいます。まず最初に利息分を支払い、その間は元金に対する利息は通常通り計算するのがアドオン方式の特徴です。仮にアドオン方式が採用されている場合、実質年率では結構な高金利になっていることもあります。クレジットカードは非常に便利なものですが、手数料が高いことを肝に銘じておかなければなりません。どんな返済方法が望ましいかは人によって違いますが、借入金にできるだけ手数料かプラスされないようにすることで、返済の負担を軽減できます。