太ももをスリムにするダイエットをするために大切なことは、内ももの筋肉を鍛えることです。太ももは、部分ダイエットの中でもスリムにするのは難しい部分だといえるでしょう。皮下脂肪やセルライトがたまってしまい、太い足になってしまっている人がけっこう多いといいます。ダイエットをするにあたってとくに太ももをシェイプアップさせるポイントは、内ももの筋肉をつけることです。体全体の中でも内ももは、脂肪を減らしづらい部分であり、さらに脂肪がつきやすいといえます。内ももの筋肉は内転筋といい、大腿骨と股関節を支える筋肉です。意識しないうちに足のももの部分に脂肪がついていることもあるのは、毎日ほとんど使用しない筋肉だからです。内ももを内転筋のエクササイズで発達させて、下半身ダイエットをするのがおすすめです。効果的なエクササイズは、両膝の間にボールや座布団を挟み込み、力を内ももに力を入れて左右の膝を押し付けるようにするというものです。膝同士を押し合うようにして電車の座席に座っているだけでも、内もものダイエットには有効だそうです。姿勢を椅子に座ってチェックするだけでも、内ももの筋肉があまりついていないかどうかがわかるでしょう。膝同士が離れている人は、内ももの筋肉が弱っているサインです。膝、くるぶし、足先を合わせた状態でどのくらいいられるか、秒数をカウントしてみてもいでしょう。下半身のダイエットを、内転筋を鍛えて内ももをシェイプしてぜひ成功させましょう。